製品開発力をビジネス価値につなぐ

PROFILE

稲垣剛之

楽楽精算開発部 楽楽精算製品管理課 課長

大学卒業後、独立系SIer企業に入社。約10年間、WEB系システム開発・運用のPG、SE、PMを経験し、その後、ファッションECサイトの立ち上げ直後から約9年間、開発責任者として参画。最終的には企画・デザイン・開発といったプロダクト開発全般の責任者を担当。
2021年8月ラクスに入社、楽楽精算のPdM及びプロダクトサポート、QAといった開発の中でもプロダクトを全体視点で見る組織のマネージャーを担当する。

PdM/プロダクトサポート 2つの領域の役割を担う

―― ラクスへの入社理由を教えてください。

入社を決めた大きな理由は3つです。まずは「お客様の課題にしっかりと向きあった長期的な視野での製品開発を進めていること」2つ目は「自分がこれまで体験したことのないプロダクトや組織のフェーズであること」3つ目は「企業のビジョン、ミッション、行動指針に共感ができ、それを大切にしている会社であること」です。

――  稲垣さんはチームでどのような担当をされているのでしょうか。

PdMの領域とプロダクトサポート領域の2つの役割を担っています。

PdMの領域では、製品企画が作成した製品ロードマップを元に、機能開発案件として要求仕様の策定と開発側の上流工程のサポート、CSを通じてお客様の課題を把握し、製品改善ための開発案件の創出をし各バージョンで開発内容の策定を事業部と協力して実施しています。

また、プロダクトサポート領域では、製品開発以外のQA工程やCS経由でのお客様の問い合わせ、定常的な運用をする製品開発のサポートをしています。

―― 日々の業務の流れを教えてください。

PdMの領域においては、各案件やテーマ別でのPdMの担当がいるので情報を貰い3ヵ月毎のバージョンアップサイクルに合わせて、事業部側との最終的な開発リストの確定についての優先度決めや合議等をしています。

プロダクトサポート領域については、QA工程での品質・工程改善、CS経由での問い合わせを減らすための取り組みや、運用の効率化等のメンバーが進めるので、その支援をしています。

役割を創っていける、取り組みが事業や組織へ全体へ波及できる魅力

―― どのようなところにやりがいを感じますか。

PdMの領域もプロダクトサポートの領域も新しく立ち上がった役割やチームなので自分たちの役割の定義等を創っていけることはやりがいです。いずれの領域においても本組織にいると製品の状況や開発の組織を俯瞰して見れ、また、お客様へ価値が届ているか、売上につながっているのか、製品の品質、運用・サポートへの取り組みが効率化されているかなど自分たちの取り組みが事業や組織へ全体へ波及できるのも魅力です。

事業部側と開発側の架け橋となり、製品開発力をビジネス価値につなぐ

―― ラクスのPdMはどのような役割を担っていますか

事業部側と開発側の架け橋となり、製品開発力をビジネス価値に繋げることがPdMが存在意義だと思います。特に重要な役割だと思うのは2点あり、1つ目は「事業部を通じてお客様の課題を把握して、開発側へ抜けもれなく効率的に要求に落とし込み、開発側へバトンを渡すこと」、2つ目は「限られた開発リソースの中で、どの案件を開発していくのか事業部側、開発側との懸け橋となり、事業部側と相談して決めていくこと」です。

役割定義に固執せずに、プロダクトを良くしたい思い

―― PdMに求められる知識やスキルはありますか

知識・スキルとしては①WEBサービスでの開発の上流工程②RFPや要求仕様策定の実務経験③お客様や利害が一致しない関係者との折衝・調整経験の3つが必要となります。PM・設計経験や法制度等の業務を理解し、要求分析・仕様策定の経験があるとなおよいです。

PdMの役割は会社や組織によって異なるため、役割定義に固執せずに、プロダクトを良くしたいという強い思いがあることが心得としては必須です。

楽楽精算を企業の経費精算業務改善の実現No.1ブランドにしたい

―― 今後入社される方とは、どのような課題に取り組んでいきたいですか。

PdMメンバーと共に、楽楽精算のみならず、ラクスとしてPdMの役割定義を確立していきたいです。他にも、よりビジネス価値につながる案件創出フロー・優先度確定のある程度の仕組化や、お客様の課題把握からの、抜け漏れがなくよりビジネス価値へ繋がる要求へ落とし込んだ開発への案件供給についても取り組んでいきたいと思います。

―― 最後に今後、稲垣さんが目指す役割、組織像を教えてください。

‐ 事業部側と開発側の架け橋となり、互いの強みをかけ合わせて活かせるような役割となり、継続的にプロダクトの価値を高めて行き続け、楽楽精算を企業の経費精算業務改善の実現No.1ブランドになっている状態にしたいです。

Back to list