お客様をもっと「楽」にするサービスを模索する

PROFILE

堀内泰秀

第一開発部 技術推進課課長

技術推進課 課長。2013年ラクス入社。北米向けサービス開発のマネージャーとして活躍。 その後、楽楽精算でスマホアプリ開発、AI機能開発などを主導し、新しい技術要素を積極的に導入してきた。 2018年には新サービス開発をチーム立ち上げから担当し、サービスをリリースに導く。 2020年に技術推進課を立ち上げ、マネージャーとして組織を横断した取り組みに挑戦している。

自社サービスを展開する企業でチャレンジしたい

―― まず初めに、ラクスに入社を決めた理由を教えてください。

前職ではSIer企業で受託開発を経験したり、BtoCビジネスを展開する企業でのアプリ開発を経験してきました。 基幹システムからスマホアプリ開発まで幅広い開発経験を積んできましたが、自社サービスを展開する企業でお客様の声を聴きながら色々なことにチャレンジしたいという思いが強くなってきました。 そんな時に出会ったのがラクス です。 ラクスは既にある自社サービスに投資するだけでなく、新規サービスにもチャレンジしていて強い成長意欲を感じることができました。 一緒にチャレンジし、エンジニアとして成長していきたい、そう思ってラクスに入社を決めました。

各専任チームでは取り組めていない課題解決のために

―― 技術推進チームでの担当範囲や役割について教えてください。

ラクスは各サービスを開発する専任チームがあり、エンジニアは担当サービスの仕様や実装を深く理解することで効率的に開発を進めることができるような組織構成となっています。

反面、サービスや組織を横断したアクションが取りづらいという課題もあります。私たち技術推進課はそのような課題と向き合い、組織横断的にサービス改善に取り組んでいます。

―― 組織横断的というと、どのような取り組みをされているのでしょうか。

私たちのサービスは「ベスト・オブ・ブリード」型で構築されています。

お客様の課題に寄り添い、課題の深いところを解決できる強みを出すことができますが、ユーザーマスタすら分離するためサービス間で仕様が微妙に異なるという課題も抱えています。

この課題はサービス開発の各専任チームではなかなか手を出すことができないため、横断組織として私たちが取り組むことにしました。

サービス間の違いを吸収して1カ所で設定できるような「共通基盤」の開発を進めています。

複数のステークホルダーとのコミュニケーション経験が生きる現場

―― 日々の業務について教えてください

横断的な取り組みは関係者が多くなりがちです。 弊社開発組織は東京と大阪にありますが、拠点も跨いだコミュニケーションが重要になってきます。 そこで私たちは各開発チームと連携するための担当者を立ててもらい、チャットを通じて日々やりとりを行なっています。 また、いきなり大きなことに取り組むのではなく、PoCで小さく試しながら成功体験を積み重ねながらスタートするようにしています。

――  関係者が多い分、多方面での能力が求められそうですが、実際に役に立つ経験やスキルはなんですか?

共通基盤開発はスタートしたばかりなのですが、これから決めないといけないことがたくさんあります。 顧客ニーズを満たす機能は何か、ライブラリ等は何を使うか、リリース後の運用を想定して最適な設計とは何か、求められる品質基準を満たすために何が必要か、などなど決めていく必要があります。 技術選定を行った経験、システム運用の経験等があると入社後の立ち上がりが早いのではないかと思います。 あと、サービス間の仕様を理解し、調整する必要も出てくると思うので、複数のステークホルダーとのコミュニケーション経験があれば間違いなく生かせます。

―― 業務内で求められる役割について教えてください。

共通基盤と一言で言っても、作るものは多岐に渡ります。 お客様の痛みが何かを把握し、開発に落とし込む行為は継続的に発生します。 最近でこそ良く聞くようになったプロダクトマネージャーといった役割が必要だと考えています。 当然、作るものも増えてくるので実装を行なっていただくエンジニアも必要ですね。

サービスを俯瞰してお客様をもっと「楽」にする

―― 堀内さんが今後チャレンジしたいことや、目指す組織像等を教えてください。

サービスを横断してお客様に価値提供を行うには本当にたくさんの機能を開発する必要があります。 まずはニーズの強いところから確実に実現させ、チームを拡大しながら開発できるものを増やしていきたい。 そのためにはマネージャーも必要ですし、リーダーも必要、もちろんエンジニアも必要といった感じで考えています。 チームの中でも複数の役割があると思うので、幅広いことにチャレンジできる組織を作っていきたいですね。

―― この業務のどのようなところにやりがいを感じますか?

横断的に各サービスに関わると、1サービスを担当しているだけでは見えないことが見えてくるようになります。 技術スタックの違い、各チームの取り組みの違い、ビジネスサイドのことなどです。 これらを俯瞰して見れるポジションは魅力的だと思います。 また、これから新しいサービスを作り上げていくので、自分たちで決めることができる裁量が大きいことも魅力ですね。

―― 今後入社される方と一緒に取り組みたい課題はありますか?

いきなりこんなことを言うのも変ですが、一緒に苦労してもらいたいと思っています(笑)。 仕様や技術面で解決しないといけない課題はたくさんありますし、私たちがまだ気づけていない課題も多いと思っています。 そんな課題を乗り越えてもらえる方と一緒にチャレンジしていきたいですね。 その先にお客様をもっと「楽」にするサービスがあると信じています。

Back to list