プロダクトを丁寧に育てるということ

こんにちは。採用課の坂井です。

今回は開発エンジニアの三田にインタビュー。「ラクスの開発は、プロダクトを丁寧に育てることができる。そこが魅力」と語る三田。一つのプロダクトと長期間関われることは、エンジニアにとってどのような価値があるのかを語ってもらいました。

PROFILE

三田英一

開発本部 第一開発部

SIerにて活躍後、2014年にラクスに中途入社。当時はまだ新規事業だった楽楽明細の開発担当に着任。現在でも楽楽明細の開発を行うと共に、エンジニアが自発的に考え、助けあえるチーム構築に取り組んでいる。

“納品して終わり”ではなくプロダクトを育てたかったんです

そもそも転職されようと考えた背景を教えてください

前職はSIerだったのですが、受託で開発を行うため、カットオーバーすると次の開発現場に異動になることが多くありました。

自分がつくったシステムにもちろん愛着があるのですが、世に出したそのシステムがユーザーにどのように評価されているのか、改善されていくのかまでを知ることはできませんでした。そのため、プロダクトのライフサイクルのうちごく一部しか関われない寂しさを感じていました。

また、プロジェクト期間中、いちエンジニアである私はシステム全体の中のごく一部にしか携わることができませんので、スキル面でも偏りが出てきていることにも将来のキャリアを考えると不安を覚えていました。

そのため、自社プロダクトをもつラクスに興味をもち、転職することにしました。

当時の楽楽明細のことを教えてください

楽楽明細は2013年にローンチしたサービスで、私が入社した2014年当時はまだ営業や開発もあわせて10人ほどのチーム。顧客企業も数社しかいない新規事業でした。

当時からWebで帳票をつくって、ダウンロードを促すといったコアとなる機能はあったのですが、まだ顧客ごとに機能をカスタマイズする管理機能等は揃え切れておらず、いざ導入時に要望をいただくと、プログラムやデータベースを直接いじったりしていたこともありました。そのため、本当に顧客ごとにいちから機能開発をしているようなものでしたね。
最初は「プロダクトの裏側ってこんな感じなんだ」と思いました(笑)

それから少しずつ少しずつ整備をしていきました。正直大変なこともありましたが、とても改善のしがいがありましたよ。

入社2ヶ月目で開発した郵送代行機能。
愛着をもった機能の申込数が増えていくと嬉しいです

これまで、楽楽明細に関してさまざまな開発に携わってきたと思いますが、中でも特に印象的なものはありますか?

明細の郵送代行機能ですね。「入力情報を確定するたびに1通1通郵送するのではなく、複数の明細データを日ごとにまとめて郵送すべき」など、顧客要望をすべて満たしていこうと思うととても要求レベルが高い開発で、社内で何度もレビューと再設計を繰り返しました。

オプション機能としてリリースしたのですが、営業担当者や企画担当者から「お客様からいい機能だって褒めてもらったよ」と教えてもらったり、実際とても多くの顧客企業からお申込いただくことができているので、たくさんのユーザーに喜んでもらえているのだなと分かってとても嬉しいです。

最近、楽楽明細はTVCFもしているのですがそこでも郵送代行機能が紹介されていて、1つのプロダクトに長く関わって育てていくことができるというのはすごく誇らしいなと感じます。

それはすごいですね!前職まではシステム全体に携わることがなかなか難しかったとのことですがラクスではどうですか?

楽楽明細全体に関わっていますよ。多重請けによる組織構造の問題もないので、ラクスではすべてゼロベースから関わることができます。

性格的にはブラックボックスがあちこちにあると居心地が悪いのですが、そういったことがないのが気持ちいいですね。「なんでこの設計になっているんだろう」というモヤモヤがないんです。「どこまでも自分たちで決めることができる」「すべてが自分たちの手の中にある」というのは大変ですがやりがいがあります。

常に顧客の課題解決を最優先にした開発体制になっています

楽楽明細はウォーターフォール型の開発になるのでしょうか?

いえ、アジャイルですね。顧客企業の悩みや痛みを解決するためのシステム開発なので、開発優先度が日々変わっていってしまうんです。そのためには柔軟に予定を組み替えられるようにしないといけなくて、ウォーターフォールだとそれに対応することが難しい。

営業チームや企画チームもそうした想いは一緒なので、優先度の高い機能開発のためであれば優先度の低い機能開発は次期リリースに延期しましょうかという会話がストレスなく成立します。こういったコミュニケーションを頻繁にとっているので、お互いベストを尽くしているという信頼感がありますね。

現在、三田さんはどのようなミッションに挑戦されているのでしょうか

システムは、時間がたつとレガシーになります。構成が古臭くなるとリスクも高まりますしメンテナンスしないといけません。ただ新規開発は継続する必要がある。その中で、品質を保ちながらレガシーな部分をどうアップデートしていくか。そうした取り組みにチャレンジしています。

私だけがそうした知見や能力を身に着けるだけではいけません。チームメンバーみんなの知識や技術もアップデートしていくことも大切です。そのために勉強会をやったり、情報共有の機会は多くもつように意識しています。

みんなが自発的に考え、助け合える、そして属人的なことのない透明性があるチームにしていきたいと考えています。

ありがとうございました

SHARE
Back to list