入社5年目で新サービスの開発メンバーに選抜されたワケ

PROFILE

西角知佳

開発本部 第三開発部 楽楽勤怠開発課

大学時代にハッカソンでラクスと出会う。2015年に卒業後、ラクスに新卒入社。楽楽精算の運用・開発に携わった後、現在は新サービスの開発メンバーとして活躍中。

こんにちは。採用課の坂井です。

今回は開発エンジニアの西角にインタビュー。新卒で入社し運用チームからキャリアをスタートした彼女がいかに短期間で成長していったのか、その過程と想いを語ってもらいました。

運用チームで触れた生の声。
製品理解だけでは届かないユーザー目線

元々は、どのような業務に興味をもってラクスに入社したのでしょうか

上流工程から下流工程まで幅広く関わりたく、自社サービスを提供している企業を中心に情報収集していたのですが、ハッカソンを通じて知り合ったラクスの先輩エンジニアたちの話から、「ラクスでなら自分がやりたいことに挑戦できる」と感じ、入社を志望しました。

入社当時、開発ではなく運用チームに配属されたそうですね

はい。サポートチームからの問い合わせに対して、資料やソースコードから仕様を確認し、回答方針を先輩に確認のうえ、回答していました。2年目になるとそれに加えてサービスの裏方にある契約管理システムの機能改修に携わるようになりました。

運用チームでの業務を通して楽楽精算の製品理解はもちろん、エンドユーザーや顧客をフォローしている営業担当やサポート担当がどのようなことを気にしているのか、生の声を通してリアルに掴んでいくことができました。

2年目で開発チームに異動。
3年目からは大規模改修の設計・開発も

開発チームに異動後はどのようなことをされたのですか

クレジットカードの決済情報を中間サーバに取得しにいく機能の改善など、楽楽精算に関連するサブシステムの改修を担当していました。コードを書くのがとにかく楽しかったことを覚えています。

3年目になると、設計も担当するようになりました。
上流工程に挑戦できたのは嬉しかったのですが、一方でコードを書く時間が減ってしまい、「やっぱり自分で書きたいなぁ」という思いが膨らんでいきました。

3年目で設計も担当するのはすごいですね!

このときの改修は領収書ファイルの保管場所を変えるというものだったのですが、影響範囲が多岐にわたり、とても慎重な対応が求められました。

契約管理システムなど運用業務の知識も含めて全体を俯瞰し、影響範囲を踏まえた設計をしなければならなかったため、運用チーム時代の経験が活きたプロジェクトでした。

以降はずっと設計担当なのでしょうか

実は、設計観点を勉強するためにもう一度開発を担当したいと上司に相談しました。
経験を積んだ設計者が作成した設計書をもとに開発して、「どういう設計であれば開発がしやすくなるのか」を体感したかったんです。

私の中では、中~大規模開発の経験を積まずに設計を担当することになったため、自身の設計の進め方が開発者にとってやりやすいものになっているか不安を感じていました。「他の設計者は開発者にとってわかりやすい設計書をどのように作成しているのか」「開発者とどのようにコミュニケーションを取っているのか」を知りたくてそうしたお願いをしてみました。
もちろんすぐにということではありませんでしたが、上司に調整をしてもらってその後のプロジェクトでは開発担当としてアサインされました。

今までにない課題、今までにない技術。
新しいことを学んでいくことが好き

今までにない課題、今までにない技術。 新しいことを学んでいくことが好き

2019年からは新サービスの開発メンバーに選抜されたと伺いました

はい、2019年の秋頃からですね。サービスを0から作り上げるという経験はなかったので、今までにない課題ばかりですし、これまで触れたことがない技術もたくさん出てきます。「難しい」と感じることが多くありますが、一方で毎日が勉強になって本当に楽しいです。

入社5年目で運用から設計そして新サービスと、目まぐるしい変化の日々と思います。
このキャリアを実現できた要因、理由(ワケ)は何だと思われますか?

現在、私はまた開発を行っていますが、今になって振り返ると、運用チーム時代の経験も、設計担当としての経験も、大切な財産になっています。

運用・設計・開発それぞれ異なる視点でプロダクトに携わることができ、広い視野をもつことができることが、いつも新しいチャンスと出会える要因になったのかなと感じています。

あとは、やはり「学ぶことが好き」「もっと実装に携わりたい」といった想いを常に上司や先輩と共有してきたことでしょうか。すべてが叶うわけではありませんが、それでもいつも行動してくれる上司・先輩・同僚に囲まれているからこそ、短期間でさまざまな挑戦をすることができたのだと思います。

ありがとうございました

SHARE
Back to list