完成がないから面白い。開発の責任と未来

PROFILE

森山純

開発本部 第三開発部 楽楽精算開発1課

大学を卒業後、海外へ。帰国後は旅行代理店に勤務しながら独学でプログラミングを習得し、フリーランスのエンジニアとして独立。その後はBtoCサービスを運営する事業会社で開発組織のマネージャーを経験し、2019年ラクスに入社。

こんにちは。採用課の坂井です。

今回は、楽楽精算を支える開発課のマネージャーである森山にインタビュー。プロダクトやチームへの想いを語ってもらいました。

改善を続けてきた10年の歴史。でも、まだまだやるべきことがある

楽楽精算は開発者目線で見たときにどういった魅力のあるプロダクトなのでしょうか

楽楽精算はサービスリリースから今年で10年。すでに多くの企業に導入されていますし、改善を重ねてきています。そういった意味で、ここまで積み重ねてきた、多くの先輩・上司たちへの尊敬の念は強いです。これを壊すわけにはいかないという責任感、誇りのようなものも感じますね。

10年も開発を続けていると、もう”完成”というような状態に近づいているのでしょうか

いえ、伸びしろだらけ、だと思っています。
ここまで楽楽精算が多くの企業に導入されてきた一つの要因が、”顧客の悩みを徹底的に解決”してきたことでした。経費精算にまつわるユーザーの悩みがなくなる日がくれば、楽楽精算も完成することもあるのでしょうが、ユーザーの悩みがまったくなくなることはないのではないでしょうか。

私もユーザーからのご意見やご要望に目を通すのですが、中には厳しい声をいただくこともありますし、改善への気づきがなくなるということはありませんね。

楽楽精算はこれからも進化を続けますし、完成することはないプロダクトであるという点が、エンジニアとして関わる中でもとても魅力に感じます。

今後どういった改善を考えているのでしょうか

おかげ様で楽楽精算の認知度も拡大し、さまざまな形で新規機能の開発を検討できるようになりました。詳細は公開できませんが、新技術をもとにこれまで楽楽精算ではカバーできなかった範囲までサービス価値を広げていくことを考えています。実現することができれば、これまで以上に顧客体験、顧客満足を向上させていくことができます。

マネジメントへの考え方。そして会社全体のサポート

森山さんは前職でも開発マネジャーとしてご活躍されていました。転職先としての候補はたくさんあったかと思いますが、ラクスに入社された決め手は何だったのでしょうか

マネジメントへの考え方ですね。
私がマネジメントで大切にしているのは、組織やプロダクトとして目指すことと、メンバー自身の想いとの重なりを増やすことで、成果を持続的に出せる組織にすること。メンバーが「この開発はなぜやるんだろう」と疑問をもったまま進めていくよりも、その仕事にどういった意味、狙い、価値があるのかを理解して進めていった方がいいと思うんです。

乖離が起きていないか確認し、起きていればその解消に私自身の時間や労力を使うべきだと考えています。そうしたこだわりを面接時に話したら、上司(面接時の面接官)が同意してくれたことが大きかったです。また、ラクスではリーダーシッププリンシプルという行動指針があるのですが、そこに対しても共感できました。

ラクスに転職することに、不安はありませんでしたか?

もちろん面接の前まではありました。ただ、エンジニアサイドとビジネスサイドが協力体制のもとプロダクト開発に取り組んでいるという職場環境の話を聞いたことや、エンジニアの評価体系が細かく整えられているという人事部の説明を聞いて、入社後も会社全体として私をサポートしてくれそうだなと感じました。面接を終えた後には「あとは自分がやるだけだな」と思っていましたね。

入社されて、ギャップはありましたか?

いい意味でのギャップはありました。想像していた以上に品質にこだわっていたというところです。根拠なくトライして行動力で勝負するということはなく、裏付けをもって行動する。ロジカルなマネジャーやメンバーが多いというところは、入社してすぐに気づきました。

もっとユーザーの満足度が高いプロダクトにしたい

最後に、今後の目標について教えてください

最終ゴールは、ユーザーが困っていることにきちんと応えていくこと。
楽楽精算をもっとユーザーの満足度が高いプロダクトにしていきたいです。

いまは、開発プロセスについてもっと改善していきたいと考えています。
開発要件の意思決定フロー、リリースまでのプロセスなどですね。

Back to list