管理職の男性社員が育児休暇を取得してみた

こんにちは。ラクス採用担当です。

今回はまだまだ、一般的に男性の育休取得率の低いなか、管理職の男性社員が1ヶ月育休を取ってみてどうだったか カスタマーサービス・クラウド事業部 企画課 課長の鈴木に色々とお話を聞いてみました!

PROFILE

前職の不動産業界から転職をし、メールディーラーの営業 → 配配メールの営業 → 企画職を経て現在、カスタマーサービス・クラウド事業部 企画課の課長。ラクス歴、約11年の1児のパパ(現在7ヶ月の女の子)無類のサッカー好き。サンフレッチェ広島の大ファン。

取るって決める勇気も必要

育休を取る際、まずは上司に相談しました。先手必勝だと思い、奥さんの安定期に入ったタイミン上司へ育休を取るかもと伝えました。 管理職の男性社員で育休を取るのは初めてのことでしたが、周りにも快く受け入れてくれて育休を取ることになりました。

メンバーを信頼しています

育休中の仕事の心配ですがメンバーを信頼しているので心配はありませんでした。
パソコンも家に持って帰らなかったです。(笑)むしろ、自分がいない中メンバーが自身で色々と考え、決めて動いていてくれて、それがメンバーの成長にも繋がった様ですごく良かったと思っています。
ただ育休後、通常業務に戻るまでに少し時間がかかったので産休・育休から戻ってくるお母さん方はもっと大変だなと思いました。

育休中は主夫でした

前から家事はしていましたが、育休中は子育てをしていました。
子供へミルクをあげたり、あやしたり、風呂掃除に洗濯などなど・・・(まさに「主夫」ですね!)
育休から復帰後は育休中ほどできませんが朝に洗濯・風呂掃除・食器洗い・掃除機をかけたりしています。
夜帰ると子供は寝ているので極力、音を立てない様に過ごしています。

これから一緒にやりたいことがたくさんあります

この間、有休を取って子供を連れ上野動物公園へお散歩に行ってきました。
パンダやキリン、ハシビロコウ、アイアイなどをたくさんみました!

また、子供がもっと大きくなったら一緒に楽器をやりたいと思っています。 今のうちに管楽器や弦楽器が弾けたらなと考えていて 今度、体験入学に行って見ようと考えています。 (お子様には前々から楽器ができるよ!の体で楽器の演奏を披露したいとのこと。(笑))

あとはサッカーが好きなのでできれば一緒にサッカーをしたり 家族でサッカー観戦したいですね! サンフレッチェ広島のファンになってくれると嬉しいなと思っています。

SHARE
Back to list