キャリア採用 TOP > 社内インタビュー > 入社3ヶ月目の新入社員にラクスの魅力を聞いてみた!【採用担当編】

社内インタビュー

入社3ヶ月目の新入社員にラクスの魅力を聞いてみた!【採用担当編】

-2018.12.21

こんにちは。ラクス採用担当です。

『IT技術で中小企業を強くする』をミッションに中小企業向けの業務効率化クラウドサービスを企画・開発・販売しており、プロダクトはTVCMでおなじみの経費精算システム「楽楽精算」をはじめ、メール管理、メール配信、帳票発行システムなど幅広く、トップシェアのサービスも複数保有しております。業績も設立以来18期連続増収増益を達成しており、日本最大級のBtoB向けSaaS企業へと成長を遂げています。

今後はグループとして2~3年後には1000名、そして10年後には1万人規模の企業を目指しているラクスで、営業職採用を中心に担当している奥山さんにラクスの魅力を語っていただきました。

まずは自己紹介をお願いします!

こんにちは!ラクス採用課の奥山です。
趣味は体を動かすことです。休みの日は友達とダイビングやランニングをしたり、旅行にも国内外問わず飛び回ってます。世界遺産が好きで実は世界遺産検定なんかも持ってます!
小学校3年生から高校3年生までの9年間、バスケットボール部でキャプテンを務め打ち込んでいたので今でも人数が集まれば友達とバスケもします!高校では毎年全国大会に出場できました!

全国大会出場はすごいですね!
そんな多趣味な奥山さんの前職でのお仕事について聞かせてください!

最初の就活の時に採用の分野って楽しそうだなって漠然と思って、でもどうせやるなら採用マーケットを客観的な立場で見てみたくてエージェントとして入社を決めました。

だけど、経済のことや社会がどう回っているか全く知識がなかったことや、担当させてもらっていた領域がITだったこともあり専門的な知識を付けることにかなり苦労しましたね。

朝5時に起きて読み慣れない日経を読んだり、開発本などを読んだりして業務の間で勉強して仕事一本で頑張っていました。
その甲斐あって、入社最速で売上目標を達成することが出来ました!!

エージェントとして成果を上げた奥山さんがなぜ転職を?

エージェントとしてやっていくうちに、自然と企業側への興味が湧いたんです。
1社にコミットして、専門性を付けたいなって。
エージェントも増えていて、オペレーション化されているのが今のエージェントの現実かなと思っていて、このままエージェントでいいのかな?と思ったことをきっかけに転職を決意しました。

なぜラクスへ?

儲かってる会社がいいなって(笑)
前職で担当していたITの知識も生かしたかったのでIT業界で絞ってました。

ラクスは、各マーケットでマルチヒットしている商品を出していること、影響力のある商品を出していること、働き方改革に直結したプロダクトを出していることから、「これに惹かれない人はいないな!」と素直に思いました。

面接の時に面接官の方が自分のやりたいことを親身になって聞いてくださったので「この会社なら自分のやりたいことができる!」と思い入社を決めました。

実際に入社してみていかがですか?

特にギャップはなかったです。
ロジカルな思考が求められる風土で色々なことにチャレンジさせてもらえるだけでなく、しっかりと手を貸してもらえるので成長出来るチャンスがたくさんあります。

何よりの魅力は、ラクスは本当に「人がいい」です。
特に深い意味もなくため息を付いたり、ランチ中に机にひとり寝そべったりしているだけで「大丈夫?何かあった?」「なんでも聞くから相談してね!」と、すぐに声をかけていただけて本当に優しく頼りになる先輩ばかりです!

質問をしても、必ず手を止めて聞いていただけます。いままで「忙しいから後にして」などと言われたことは一度もないです。

ひとりでは正直不安だなと思っている仕事があると、それを察して「全然手伝うから言ってね!」と先輩から声をかけてくださって、遅くまで一緒に残って嫌な顔1つせず手伝ってくれたこともありました。
週1~2でミーティングを組んで頂きひとりひとりの進捗確認の為にみっちり時間を取っていただけることには本当に感動しています。

採用課としての話をすると、採用課って結構「求職者と現場の板挟み」って会社が多いんですよね。だけど、ラクスの場合は現場の課長・社員がとっても協力的です。
面接日程の調整や、遅い時間のセミナーをお願いしてもみなさん嫌な顔せず快く受けてくださるのでとにかくやりやすいです。

最後に!営業職採用を中心に活躍中の奥山さん!
ラクスの営業職の魅力とは?

ラクスの商材は、世の中的に『本当』に求められているモノであることが強みです。政府から「働き方改革」が叫ばれていて、「中小企業は積極的に業務効率化のツールを導入しましょう!」って動きがあるんですよ!
そんな背景もあり、お客様からの問い合わせが殺到しています。

メインは反響営業であり、いわゆる昔ながらの「足で稼ぐ」といったスタンスは皆無です。顧客ターゲットが中小企業×業務効率化サービスといった当社なので、「ゴリ押しの営業」スタイルでは全くないところが魅力ですね。
また、企画・プロモーションに力を入れていることもあって、本当に「効率の良い仕事サイクルだなぁ」と日々営業職の方に会社説明会を行いながらも関心しちゃいます。

あと、これは営業職に限らずですがラクスには「無駄な残業はしない」という社風があります。月の残業は20時間程度。終業後に趣味や習い事に時間を費やす社員が多数おり、ワークライフバランスがしっかり取れる環境です。
「求人票に記載のある月の平均残業時間は真実なのか?」って結構、求職者の心の叫びあるあるだと思うのですが、ラクスは『本当です!』と胸を張って言えます。

【あとがき】

奥山さんが語ってくださった「人の良さ」は仕事をする上、週5日も身を置く場として何より大切だと思います。会社が社員を大切にする社風だからこそ、ラクスには「良い人」が集まるのではないかなと感じました。

奥山さんのお話を聞いてわたしも今までよりもっとラクスのことが好きなりました♫
奥山さん、貴重なお時間ありがとうございました☆

ラクスでは採用担当、営業職以外にも複数職種を積極的に採用しています!
会社の成長とともに自分自身の成長も感じられる環境で、一緒に働きませんか?

一覧を見る